« R.I.P. マエストロ、エンニオ・モリコーネ! | トップページ | Zildjian LIVE! - JD Beck (Featuring DOMi) »

2020/07/14

【大判振る舞い】Louis Cole Live 2019【ジェネヴィーヴ可愛い】

エンニオ・モリコーネの訃報のために、この記事をアップするタイミングを逃しました。

Louis Cole Live 2019

2019年のビッグバンド形式でのライブを配信。
うをー、コロナ禍ゆえの、この大盤振る舞い。

1曲目の“F it up”から、もうなんちゅうか、凄い。(語彙w)

アレがやはり生演奏だったのだ、と言う驚愕の事実がはっきりわかる。

それと、サム・ウィルクスのベースは相変わらずとんでもないけど、Petter 9000(Petter Olofsson)と言うベーシストも相当なグルーヴとモージョの持ち主ですな。

そしてジェネヴィーヴはやっぱり可愛いな。
ジェネヴィーヴの隣でコーラスをやっている、Isis Giraldo と言う人も、なかなか面白いソロ・ワークをやっています。

ところで、“F it up”を聴くたびに心に引っかかるものがありましてね。

なんかー、この曲、特にビッグバンドにシフトしてからの後半のパートを聴くと「ホテルニュー岡部」のCMを思い出すんですよね。

ホテルニュー岡部 1983年 CM

いや!わかりますよ。全然似てない。似てないけど、ボクの頭の中ではリンクしてる。
特にこのCMのこのバージョンでのベース。凄くない?このテクとグルーヴ。

これね、自分もベース弾きだからわかるんだけどね。
ベースの人は、基本的に「これを聴いているであろうベース弾きに向けて」演奏している場合が多いように思うわけです。

この演奏なんて、その最たるもので。

「どーよ、オレ様の、この小技の冴え!」

って言ってるわけですよw

かてて加えて。(「勝男を加えて」の意であろう)

と、山下洋輔の国仲勝男ネタを唐突に投下して、この記事は唐突に終わるのであった。

↓↓ブログランキング参加中です!↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ 

« R.I.P. マエストロ、エンニオ・モリコーネ! | トップページ | Zildjian LIVE! - JD Beck (Featuring DOMi) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« R.I.P. マエストロ、エンニオ・モリコーネ! | トップページ | Zildjian LIVE! - JD Beck (Featuring DOMi) »

フォト

My Web Pages

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30