« チャドとピエール瀧の英会話 | トップページ | Enter Shikariのシカリは日本語? »

2007/03/26

高橋大輔があの空耳の名作で!

世界フィギュアスケート選手権2007東京のエキシビションを見てたらさぁ、高橋大輔が、映画「ムーラン·ルージュ」の「ロクサーヌのタンゴ(エル·タンゴ·ド·ロクサーヌ)」で滑ってたんだよね。

元歌は言うまでもなくポリスの「ロクサーヌ」で、タンゴにアレンジされたこの曲は、空耳アワーファンの間では名作「うな重 うな重 うな重 うめ~!! 6千円」として知られている。

真面目に演技をしている高橋選手には申し訳ないが、夫婦でテレビを指差しつつ大笑い。

歌っているのはユアン·マクレガー、ホセ·フェリシアーノ、ジャケク·コーマン。
ユアンは吹き替えではなくて、当人が歌っているそうな。(結構上手い)

因みにタモリ倶楽部では「ジャケク·コーマン」と表記されていたけど「ジャセック·コマン」がプロパーな表記らしいね。
そう言えば、(「うな重」と言っているのは3人の内の誰かと言う話になって)安斎さんの「コーマン臭いですねえ」と言う激ヤバなコメントもあったなw

↓↓ブログランキング参加中です!↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ 

« チャドとピエール瀧の英会話 | トップページ | Enter Shikariのシカリは日本語? »

コメント

うな重6千円は、いくらなんでも高いですよね。
多分、ひとつ2千円、うな重×3=6千円、ということなんでしょう。

うな重大好きさん、コメントどうもです。

何と言うマジレス!
何かもぉウレシイです。

では、こちらもマジに返すと、空耳のクリップでは、「うな重半額」の張り紙に釣られてお店に入るんですね。
で、食べていたのは一人前だけだったので、このうな重は通常1万2千円と言う事になります。
高っ!

Time records「うな重 うな重 うな重 うめー 6000円」→5000円紙幣1枚と1000円紙幣1枚で支払ったのでしょうか。
半額でなければ、10000円紙幣1枚と2000円紙幣1枚なのでしょうか。
ジャコモ・マイオリーニの作曲した曲の空耳は奥が深いですね。

ウ~ 13年も前の。
(名作空耳「ウ~ 7年も前の」風w)

時空を超えたコメントありがとうございます!

そしてコメント内容が、深いんだかassignだかよくわからない!!
(褒めてますよ!むしろ激賞です)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高橋大輔があの空耳の名作で!:

« チャドとピエール瀧の英会話 | トップページ | Enter Shikariのシカリは日本語? »

フォト

My Web Pages

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30