« ペンタトニック・スケールを発見したオレの話 | トップページ | いまさら「ココログ改悪」の話 »

2019/07/18

ヤマザキ黒糖フークレエの謎

Fukure

遂にこの事を書く時が来た…。

山崎製パンと言えば「添加物バッシング」。

世間的に大きな話題になったのかどうかは知らないが、数か月前、山崎製パンはウェブサイト上で、「他社さんは、乳化剤を使ってないといいつつ、代替物質を使っている。ウチとの差はない」的な、ややケンカ腰な主張を公開した。

まぁ、実際、ヤマザキに限らず、大手の製パン会社であれば結構な添加物を使っているはずである。

で、その事自体を今、ここでどうこう言うつもりはない。

そもそもジャンクフード大好き人間のボクである。
何を今更、添加物がどうのこうの言う資格なぞあろうか。

さて、今、眼前の問題は「ヤマザキ黒糖フークレエ」である。

このオーセンティックな味わいの、そしてヤマザキの製品の中でも間違いなく最も「足の速い」部類のこの和菓子。

自分は門外漢ではあるが、黒糖フークレエには「添加物」と思しきものは一切入っていないように思う。

添加物推進派であるヤマザキまんせー」な右派と、「添加物許すまじ!子供たちの未来を云々かんぬん」な左派、双方が、この和菓子については、頑なに口を閉ざしている
(ように見える)

そりゃそうであろう。
どちらにとっても、アイデンティティを瓦解せしめかねない厄介な代物だ。

で、ワタクシ、ぶっちゃけ、コレが大好きなのだ。

物凄く美味いと思う。

「添加物が入っていないから美味く感じる」

と言うよりも、何と言うか、とにかく美味さの絶対値が断然に高いように思う。
冷蔵庫で冷やした黒糖フークレエと冷たい牛乳は最強の組み合わせである。

これは単なる一個人の少数意見ではない。
美味いと言う人自体は沢山いる。相当いる。

「黒糖フークレエって美味しいですよね」と言う口コミは、もう目にタコができるくらい見てきた。
(そんな表現があるか知らないが)

しかしながら、「添加物多めなヤマザキ製品に於いて、何故、(多分)黒糖フークレエだけが添加物が入っていないのか?」を論じているのを見た記憶がない。

似たような製品である「ヤマザキ黒糖ふかし」には、それなりに添加物が入っている。

さて。

とある企業に一人の男、是あり。

技術者からの叩き上げである、この、古株取締役。
うるさ型ではあるが、社長以下、他の経営陣からも一目置かれており、社内でも、この人が推進しているプロジェクトに反駁を唱える者は少ない。

そして、この人の口癖が、
オレの目の黒い内は、●●●●●●●に○○○なんざ絶対使わせねぇ
なのである。

…とかなんとか。

以上、長年心に秘めていた思いのたけを書かせていただいた。
おっと、誰か来たようだ…。

↓↓ブログランキング参加中です!↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ 

« ペンタトニック・スケールを発見したオレの話 | トップページ | いまさら「ココログ改悪」の話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペンタトニック・スケールを発見したオレの話 | トップページ | いまさら「ココログ改悪」の話 »

フォト

My Web Pages

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31